Journal

【新型コロナ・朝活】テレワーク・在宅勤務導入で朝の時間有効活用【業務も効率化】

新型コロナウィルスの影響で多くの企業が出社を取りやめ、在宅勤務へ移行するようになりました。

在宅勤務を行う事で様々なメリット・デメリットに気づいた人も多いと思います。

今回は、

【新型コロナ・朝活】テレワーク・在宅勤務導入で朝の時間有効活用【業務も効率化】

という、テーマでお送りしていきたいと思います。

個人的には新型コロナの影響で、これまで出社していた人は

週の半分は在宅勤務になるとか、自由出勤にするとか、

フレキシブルに対応する方向でも良いのでは?と思っています。

  

■出勤せずに効率UP?全然余裕です。

私もクライアントオフィスに行く以外は自宅で仕事をしていますが、
正直何も問題ないです。

  • 自宅にいると当人が本当に仕事をしているかわからない。
  • すぐMTGしたいときに対面で話せないと不安
  • 対面で話した方が伝わる

等の声も聞こえてきそうですが、基本関係ないと思います。

自宅にいる方が、不要なMTGや雑談が入らずにしっかり仕事ができるし

すぐMTGする等緊急性の高い予定など普段からそこまで入らないので心配がいらないし

対面でMTGをしなくても今はZoomをはじめとした、Web会議ツール(しかも一定時間まで無料で高音質)が普及

されているので、全く問題なし。

実際にMTGを最近はZoomで行っていますが、本当に音声がクリアでMTGしやすい。
ベルフェイスなども同様ですね。
自宅にいても、カフェにいてもいつでも接続し、気軽にMTG出来るので、
そもそも、絶対対面で、というのはなくてもよいと思います。

つまるところ、導入を当人の業務保証がない、見れない、からというのは
企業としての課題なので、まず上昇部からしっかり認識を改めた方が良いと思う。

■朝の通勤ラッシュに乗ることは不要。その時間を業務時間に充てよう

そもそも通勤を義務化するとあの通勤ラッシュに当たります。

肩と肩がぶつかり、いらだち、狭く臭いもこもるあの空間。
私はここ1年近く朝の通勤ラッシュにはぶつかっていません。

そして、在宅で仕事を始めてから、逆に朝の時間を有効活用できるようになったので、
仕事のノリと時間の配分、好きな事に時間を当てるという事も出来るようになりました。

また仕事の事にフォーカスを当てていますが、別に仕事でなくても
朝の空いた通勤時間、例えば1時間を筋トレや事務の時間にあてたり
ゆっくり読書の時間にあてて、知識を増やしたり、
家族と話す時間を作って、プライベートを充実させて、、、など
+の付加価値も十分に生むことが可能になると思います。

そのため、僕自身、在宅ワークを推奨するし、絶対にした方が良いと思っています。

複数人で重要な取り決めをすることや
本当に対面で話をした方が良いことは対面の方が良いですが(あまり思い浮かばないけど、、、)
それ以外はどんどん在宅勤務、テレワークを導入・推奨したほうが良いと思っています。

■1日24時間は平等。それをどのように使うかが重要

1日はみな平等です。それぞれの過ごし方によって、1日の成果は大きく変化する事でしょう。

どうせ同じ24時間であれば、効率よく、収穫のあった24時間に誰しもがしたいはずです。

その様な希望や目標があるのであれば、ぜひ朝のゴールデンタイムを「自分のためにインプットする時間」として
重要な時間を有効に活用してください。

僕は現在フリーランスなので、在宅での仕事が多く、通勤ラッシュに当たらないですが
本当にストレスなく、また自分の為に必要な事の時間を当てる事が出来ています。

  • 仕事が溜まっているときは作業集中の時間とする。
  • 体をしっかり動かしたいときは、ストレッチは筋トレの時間にする。
  • 読書をし知識を入れたいときは、時間を決めて読書に充てる

など、今自分が本当に必要な事に時間を当てることが出来ます。

在宅勤務制度を導入していない企業はぜひ導入を検討してほしいし、
個人であれば一回有休を使ってみて、自宅で仕事をするとか
いろいろ試してみてほしいです。

まぁ、在宅勤務ない会社にはもう就職もしたいとは思わないけど・・・。

-Journal
-, , , ,

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.