Journal

【明日から使える】すぐ実践できる!人に好かれる方法5選

営業をしている人、接客業をしている人、様々な人と関わる仕事に就いていると、

人に好かれる・良い印象を持たれる事も非常に重要になると思います。

そこで今回は明日から使える、人に好かれる行動5選をまとめてみました。

東京で生きようが、地方で生きようが、人間が生きる上で必要なスキルだと思います。
ぜひご確認下さい。

■謙虚な人

傲慢な人と付き合いたいですか?僕はNoです。

どれだけ稼いでいても、強い人でも謙虚である人は強い人だと思います。

そして人から見られて嫌な印象がないという事もプラスです。

そもそも謙虚とは?意味を調べてみました。

[名・形動]控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。「謙虚な態度」「謙虚に反省する」

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%AC%99%E8%99%9A/

という事です。

どんなに自分の実績が合ったとしても、その実績に溺れる事なく、他人の意見を受け入れ、自分の意見を言ったり
部下がいる人であれば、意見を真っ向から否定をするわけではなく、一度は意見を受け入れ、自らの意見を言う、、、など
様々な面で発揮できる能力だと思います。

反対に傲慢とは?調べてみました。

[名・形動]おごりたかぶって人を見くだすこと。また、そのさま。「傲慢な態度」「傲慢無礼」

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%82%B2%E6%85%A2/

・・・文章だけで嫌な感じがしますね

傲慢なAさん、謙虚な姿勢のBさん、どちらの人と付き合いたいでしょうか?

■素直さを持っている人

素直な人はメリットがたくさんあります。

①すぐ実行できる
②真っすぐな姿勢な人が多い
③迷いがない
④行動力に優れている
⑤行動するから、経験値を大いに積むことが出来る

人からの意見を「素直に受け入れられるか」それだけで自分自身の経験値は大きく変わりますし、
行動できる分、実績もたまるので、大きな自身になると考えています。

ある経営者が言っていました。

自分自身、会社を大きくしてきたけど、自分の力だけではない。
また最近のトレンド等は若い人の方がキャッチアップが早いから、どんどん話を聞くようにしている。
いいアイディアもあれば、どんどん会社に反映する。

実際にその会社は20代の子会社社長が誕生したり、年商も100億をこえる等大きく飛躍しています。

凄いですよね。

素直な姿勢で挑むことによって、どんどんアイディアが入ってくる。

それを反映し大きな益を得る。

タダで出来る大きな施策だと思います。

■明るい印象の人

明るい人はポジティブな人が多い傾向です。

また、人から話しかけられやすかったりする傾向もあるようです。

仕事するうえで暗くどよーんとしている人に仕事を任せたいでしょうか?

できれば明るく、ハキハキしている人に仕事を任せたいと思うはずです。

メラビアンの法則をご存じでしょうか?
人の第一印象は数秒で決まる、というものです。

内訳が面白く
容姿:60% 聴覚:30% 言語:10%
という内訳になります。(細かい端数は繰り上げて調整しています。)

という事は
①容姿が明るいか(身だしなみもきれい)
②声も明るいか(聞きやすい、ハキハキしている)
③会話が出来ているか(一方通行にならない)であれば
という点を意識すれば、相手方の印象も変わってくる、という事です。

全部はいきなり難しいと思います。
ですので、何か「1つ」だけでもいいから変えられるとよいかもしれません。

私は話すのが苦手なので、小汚い服装はやめて、においにも適度に気を使っています。
また話すのではなく、聞くように心がけています。

■感謝を口に出せる人

相手に褒められたときに、あなたはどのような回答をしていますか?

よくみかける光景として

「○○さん、それ素敵ですね。」

「いえ、そんなことありませんよ~」

などの会話、なぜそんなことない、と言ってしまうのでしょうか?
日本人は無駄に「謙遜」する癖がありますが、相手から褒められているときは
素直に「ありがとう」と言った方が相手も気持ちよかったりします。

営業であれば、なおさら、褒められたらとても良いポイントだと思いますので、
しっかりとお礼を伝えて、感謝の気持ちを相手に述べる、とう誠実さを出すことが重要になると思います。

そういえば、以前謙遜しまくりで何を言っても「いえ~」から始まる人がいましたが、
しまいには誰も褒めなくなっていたような気がします・・・。

ぜひ感謝を口に出して、相手にも気持ちよくなってもらいましょう。

■謝れる人・非を認められる人

謝ったら負け、そんな子供じみたことは大人の世界には必要ないです。

間違ったら素直に謝る。非を認め、誠心誠意伝える、それでよいのです。
そして繰り返さない様に反省し取り組む、その行動と姿勢が重要です。

もちろん、理不尽な事に対してペコペコ謝る必要な全くありません。

今回は自分自身が何か間違ったことを指摘されたときに、
どの様な行動をするのかによって、相手の受け取る印象も大きく変わる、
という事です。

そもそも間違っていることを指摘されて逆切れっておかしいですよね。
精神が子供です。

間違ったことをしたら謝る。リカバリーする。行動する。
この繰り返しです。

■明日から実践してみよう

いかがでしたでしょうか。

当たり前じゃん!と思いつつ、意外にできていなかったり、
全部で来ているけど見直してみようかな、と思って頂けたら幸いです。

本当に周りにいる偉大な経営者の方や営業エースの方って

こういう小さな事がしっかりとできている印象です。

基礎中の基礎かもしれませんが、しっかり定着で来ていると人間として今後ラクですね。

それではまた次回!

-Journal
-, , , , , ,

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.