Journal

【迷っている方へ】 フリーランスになりたい方は今すぐならない方が良い。と思う。

僕は約1年前の4月1日からフリーランスとして活動をしていますが、
突然フリーランスになったわけではなく、フリーランスになるため、様々な下準備はしていたのだと思います。

自分の性格は「石橋たたいて渡るタイプ」なので、思い立ったら独立!なんてことはできないので、
水面下で様々な準備をしてからなるタイプでした。

今回は、今すぐフリーランスになりたいな、、と思っているけど迷っている人向けのコンテンツになります。

■フリーランスは不安定です。だからこそ準備をする。

フリーランスは企業勤めの方と比較して、案件がいつもあるわけではありません。
ですので、案件がある程度ある状態で独立をしないと

独立したけど仕事ない、はい、どうしよう。

の状態になってしまいます。

ですので、私のおすすめの方法としては

①現在の勤め先で仕事をしながら、1日1時間でもいいから副業をする。
②勤め先や知人関連で個人の仕事が出来そうなネットワークを見つけておく。
③ランサーズなどに登録するためのスキルシートを事前にまとめておき、いつでも動ける準備をしておく。

という事をしたうえで、独立に臨んだ方が良いと思います。

フリーランスには誰でも必ずなることはできます。なるのではあれば、すぐになれます。

しかし、目的はなる事ではなく、事を成したいから「なる」わけであるので、
事を成す為にも仕事が継続的に入る状態を作ってから、なることをオススメしたいです。

■今の仕事で学ぶべきことはしっかり学んでおこう

フリーランスになると意外に情報が入ってきません。

どこから情報をとるのか?によるのですが、企業勤めのころと比較をすると

①会社が優良なコンテンツをとっているわけでもない
②誰かが有益な情報をとってきてくれるわけではない
③結局自分で情報を取らないと入ってこない

という状態なので、今のうち学べることはしっかり学びつつ、

今務めている会社が
・どこから情報をとっているのか?
・エースはどのような情報をとっているのか?
・ほかに良い方法を知っている人はいないか?いたら聞く

等をして、起業/フリーランスに備えておくとよいと思います。
何も考えないで起業すると、「あ、あれすればよかった」状態になりますので
フリーランスになった瞬間、やらなくてもよいことに時間が割かれて、時間が勿体ないです。

ですので、今うちの学べるものはしっかり学んでおきましょう。

■全部自分でやらないといけない。大変です。

企業勤めの時にはあまり触れてこなかった税金面や、請求書の対応なども全部自分でやらないといけなくなります。

非常に面倒くさいです。

例えば
①税金関連の対策と把握
②税金の支払いを自分で
③保険証の切替
④事業税の支払い
⑤確定申告後の所得税の処理
など、やることが多いです。

なので、今すぐなろう!でも良いのですが、事前に

・どんなことが起こるのか
・自分でやらないといけない事と、やらなくてもよい事のすみわけ
・外部に委託する場合のだいたいの費用感

などを、事前に把握出来ておけると、とても楽だと思います。

独立してから、やらないといけないことが多いなぁ、、、と思っても時間の無駄です、、。

ですので、フリーランス/独立する前に、ある程度下準備をしておくことをオススメします。

■でもフリーランスは楽しいです

ぼく個人的な感想はフリーランスになって、「生きている実感が沸いた」事。

自分が本当に稼いだお金で食べるご飯や衣・住もとても愛着もありますし

仕事次第では、海外住みでも十分に働ける環境が今はあります。

フリーランス/独立はおすすめです!

-Journal
-, , ,

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.