Career Journal

【転職の時期】転職するベストな時期はいつ頃か?

転職キーワード推移

転職するベストな時期はいつ頃でしょうか?
年末?年始?それとも思ったらすぐ?

今回は「転職するベストな時期はいつ頃か?」
という内容をまとめていきたいと思います。

転職するなら有利に転職したいですよね。

あなたの転職やキャリアのサポートになれば幸いです。

それではどうぞ。

転職するベストなタイミングはいつ頃か?

求人大手のマイナビ社が公開しているデータによると
中途採用の転職求人が増える時期は
2月・3月
8月・9月
頃が最も増えるタイミングのようです。

準備不⾜の転職活動では、チャンスをものにできないまま終わる可能性があります。その中で最も求人が多いとされる2月・3月の時期は、転職時期として最もおすすめです。

2月・3月に求人が増えるのは、新卒が入社する4月までに入社させることで教育コストを低く抑えようとする企業が2月・3月に求人を出すためです。

次に求人が多いのが8月・9月です。こちらも、10月入社に向けた募集が増えるタイミングとなります。

https://mynavi-agent.jp/

次に検索のトレンドを見ていきます。

キーワード:転職

傾向としては、やはり年末年始は下がりますが、年が明けた1月頃をピークに3月頃まで検索トレンドは高い傾向となっています。

その後4月から5月にかけてはゴールデンウィークもある為、減少傾向。

またその後は検索トレンドが戻り7月の夏季休暇・お盆時期で減少しその後は年末まで一定のピークの様です。

この検索トレンドから読み取る変化を見てみると

求人関連を調べている層:1月から3月にかけて動いている(4月入社を狙う等の傾向もあると思います。)

長期的な休みとなる際は検索トレンドが減少。

年末年始の検索数も減少

の、傾向になっています。

また、当たり前ですが、年末年始や夏季休暇など企業も休みに入るタイミングでは

転職活動は止まってしましますので、年末ギリギリに駆け込む!などはやめておいた方が良さそうです。

長期休暇に関しては、自身のキャリアをどの様に良くしていくのか、

など将来設計に充てる時間にした方が充実した時間を過ごすことができるでしょう。

企業も転職求人案件を載せる時期を狙っている

企業も求人出すタイミングとしては市場に合わせて出してくる傾向にありますので

3月・4月の転職であれば、前年の12月から翌年の1月くらいにかけて情報収集を行っていくと

転職ピークのタイミングであわてずに済みます。

ですので、上記の状況から動きを考えると

  • 求人が多く出てくるのが2月・3月頃→検討するのはもう少し早い方がオススメ(1か月~2か月ほど)
  • 次に多いのは8月~9月頃
  • 年末年始や夏季休暇などは求職者(検索キーワード)の検索動向も減少する

となりそうです。

ボーナス後の転職は有利?

どうせ転職をするなら「ボーナスはしっかりもらって転職をしたい」という人もいるのではないでしょうか。

ボーナス後の転職は市場感として有利なのか、そうではないのか、独自に推測してみました。

まず一般的にボーナスが支給される時期をおさらいしていきます。

夏のボーナス:6月末から7月10日くらい
冬のボーナス:12月10日から25日くらい

とあります。

ボーナスいいですよね。

さて話を戻します。

第一項でまとめた、「転職するベストなタイミングはいつ頃か?」の中の情報からまとめると

求人が多く出てくる時期

2月3月

8月9月

になりますので、

夏のボーナス:6月末から7月10日くらい
夏の転職時期:8月-9月

冬のボーナス:12月10日から25日くらい
冬の転職時期:2月-3月

となりますので、ボーナスをもらってからの転職は、市場感のピーク時とのズレがなさそうに見えますので

転職は有利に働くと思ってよいのではないでしょうか。

ただし、転職求人案件がピークになる「8月9月、2月3月」の時点で転職活動をしてしまうと

他の求職者との転職活動がもろにかぶる傾向にありそうなため、

ボーナスをもらいつつ転職活動をしていくという方が効率的だと思います。

転職活動を行うにあたって

近年はコロナウイルスの影響により外出自粛が余儀なくされたり、

在宅でも勤務が主流になってきています。

その為、転職活動を行うにあたっても状況が変化してきているので注意が必要です。

例えば…

  • オンライン面談が主流になってきている
  • 求人案件が減少し求職者の倍率が上がっている状況

特に求人案件の変化には要注意です。

転職求人倍率は要チェック

dodaさんのまとめによると、2020年10月の転職求人倍率は以下の傾向です

出典:https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/

この時期は

年末に向けての退職者の増加+コロナウイルスによる求人数の減少などにより

求職者があふれる時期でもあります。

しかし慌てる事はありません。

dodaさんのまとめデータによると求人数が増加している職種もあります。

出典:https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/

営業系・企画管理系は特に増えている傾向です。

ご自身が就きたい仕事ややりたい仕事ではない可能性もありますが

現在の時世でも「伸びている業界・職種がある」というニーズを理解した上で職探しをしていくと

間口が広がり転職の成功率も上がる可能性もあります。

(成功率の定義は間口を広げる事によって求人数が増える→面接をこなす回数が増える為、内定率が上がる、というロジックです)

転職に必要な準備は引き続き行っておく

転職に必要な情報はしっかり整理をしておきましょう。

  • 職務経歴書
  • 履歴書
  • 保有資格
  • 志望動機
  • 自分の強みと弱み

などです。

特に私自身、企業の経営者となり面接をしたこともありますが

自分の強み弱みを理解しており、前職のスキルを次の仕事にどの様に活かせるかを
しっかりまとめられている人は印象が良かった記憶があります。

またこの機会に、次につきたい仕事に必要な資格を取るチャレンジをしたり

資格を取るに至らなくても、情報を調べたり知人に話を聞いて知見を貯めたり

する事は引き続き行っていく事をオススメします。

なぜならば、知らない事より知っている方が面接では有利ですし

業界を知ることによって自分の得意不得意をどの様に活かせるのか整理することが出来からです。

またWeb面接(オンライン面談)も増えていますので、オンライン面談対策も行っておくと良いと思います。

まとめ:【転職の時期】転職するベストな時期はいつ頃か?

今回は「【転職の時期】転職するベストな時期はいつ頃か?」という内容で書いていきました。

まとめていきます。

転職の時期

2月、3月、8月、9月→求人数が増加する=チャンス

ボーナスあとの転職について

市場感的には問題ない。ただし、ボーナス後に動くとピークに差し掛かるので
ボーナスをもらいつつ事前に転職活動をしていく事をオススメしたい。

注意点

コロナウイルスなどの兼ね合いもあり転職は中長期化しそう
自身の長短やスキルアップを怠らないようにしておくと良い
Web面接やオンライン面談も増えているのでその対策をしておくと◎

あなたの転職が成功しますように。

-Career, Journal
-

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.