Journal LIFE

決定版【行動力がある人の特徴5選】行動力を鍛える考え・マインドとは

趣味や仕事・ビジネスにおいて、新しく何かを始めるには「行動が全て」です。

しかし行動をしても途中で挫折してしまったり、長く続かなかったりすることはありませんか?
行動する人はどんな特徴をもっているのでしょうか。

今回は行動する人から学べ・行動力を鍛えられる方法5つをまとめてみました。

趣味や仕事などで今から使える思考や考え・マインドがそろっていますので、ぜひ参考にしてみてください!

それでは、どうぞ!

■積極的行動の姿勢

行動できる人の特徴としては「積極的な姿勢」があげられます。

そして、行動力を鍛えるには、まず積極的に物事に触れていく事が必要です。

行動力が高い人は、


常に新しい情報をキャッチアップするためにアンテナを張っており、


流行やチャンスに敏感に反応できる環境が整っています。

また積極的に自ら情報を求めに行きますので、対外へのアプローチも得意としています。

対外的なアプローチが苦手な人でも、常にスマホやPCなどから情報を取り入れる
癖・習慣があるので、常に新しい情報が入ってきています。

情報を知り、行動に起こすという流れが出来ていますので、常に積極的に動くことが出来ているのでしょう。

そしてその行動の源としては

  • 目標を達成する為
  • 現状に危機感を覚えている為
  • 自己成長の為

など様々な理由が挙げられると思います。

しかしながらみんな行動を起こせたわけではありません。


先輩や周りの環境で、やらなければいけない、と思い行動に移す人も多くいる事は事実です。

1つのきっかけに過ぎないと思いますが、ぜひ目標やきっかけを掴み
行動に移せるようにしていきたいですね。

■向上心・成長したい欲がある

行動する人の傾向として、向上心や成長したい欲がある、という点も1つの大きな理由になります。

例えば、

  • 20代のうちに年収1000万は超えたい!
  • 役職者につきたい!
  • 企業をしたい!
  • 独立をしたい!

等の理由で、実際に行動に移す人が多くいます。

毎日は平等に与えられている中で、どのような目標に向かって過ごしていくかによって、
人それぞれ大きく人生が変わっていく事は間違いありません。

また夢や目標や成長したい欲は周りに公言するとより行動に移しやすくなります。

理由は、

  • その目標を応援してくれる人が出てくること
  • ライバルが出てくること
  • 公言した事によって自分を追い込めること

様々な観点から自分の目標の背中をして押してくれる人が現れるからです。

その為、自分の目標や成長欲は心の中にとどめておくのではなく、

ぜひ、周りに発信していきましょう。決して恥ずかしい事ではありません。

■失敗を恐れない

行動する人の傾向として、失敗を恐れない事が挙げられます。

失敗を失敗を思っておらず、成功する為、目標を達成する為に必要な事と理解をしています。

また、行動力を鍛えるには、上記で記載をしたように

「何事にも触れていく」というチャレンジする姿勢も重要なのです。

ですので、チャレンジし実行し失敗してもよいと思っているのです。

実際に行動に移さない事には、成功もできないし、失敗もできません。

行動に移さないという事は、行動力は一向に鍛えられていきません。

筋トレと同じですね。


行動したことによっては、初めて成功になるのか目標を達成できるのか失敗をするのかが分かるのです。

別に失敗をしても良いのです。失敗は成功をするために必要な経験なのです。

成功や目標を達成してしまえれば、失敗はそのために必要な条件に変わるわけですから
とことん失敗を恐れず、チャレンジをした方が良いのです。

■ミーハ心を持っている

行動する人の傾向として、ミーハーな心を持っている人が多い傾向にあります。

僕の周りの経営者の方々も、新しいものが出たら、すぐに買う。流行にはとりあえず乗ってみる。
など、新しい事に積極的に取り組んでいる傾向にあります。

新しいものを飛びつくと「その流れを見れるので、良いのか悪いのか、市場が大きいのか、小さいのか」を
見極める事が出来ます。

もちろんミニマリストの方々のように、流行にとらわれずに、
自分の芯を持つことも大事です。

しかしそのような方々は過去に様々な経験をし体験をした上で、
みずからの境地にいきついていますので、
様々な事に手を出してみる、興味を持ってみる、という事も重要です。

■ポジティブシンキングである

行動する人の傾向として、ポジティブシンキングな人が多い傾向にあります。

もちろん人間です。ネガティブになる瞬間もありますが、
リセットしてポジティブシンキングで物事に取り組む人が多いです。

ネガティブな感情の場合、行動を抑制するような気持が出てしまいますので
実際に行動に移すまでに、必要以上の時間を要する可能性が出てきます。

また、行動に移したとしても、思うような結果が出なかったり
いつもの自分よりもパフォーマンスが低下したりする可能性もあるので、
ポジティブな感情で動いている人が多いです。

常にポジティブでいるのは難しいかもしれませんが、
辛い状況、厳しい環境に身を置かれた場合でも、
プラスな感情に変換できる力を身に着けておくと、
自分の気持ちも行動も前向きなものになってきます。

■まとめ:気になることはまずやってみるスタンスが良い

今回は、「【行動する人の特徴5選】行動する人から学ぶ考え・マインドとは」という内容でお送りしました。

行動し、実践している人からは学ぶべきことが多いです。

僕も常に動いている人を参考にし、自身に取り入れるようにしています。

すぐに変えられないかもしれませんが、1つずつでも自信に出来るようにしていきたいですね。

それではまた!

-Journal, LIFE
-, , , , , , , , ,

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.