Journal

【継続できる人ってどんな人?】特徴を3つまとめてみた。

何かを達成しようとするとき、大体のことは思うように行かないものです。
そして、コツコツと継続する事に意味があったりしますが、
すぐ結果がでないからと言って、やめてしまう人が多くいるようです。

過去の記事で

このような記事を書きましたが、
-----------------------------------------------------
色々なWEBサイトや書籍を見てみると上記に近い数値が出てきた。
まず特に多かったのは実践する人は20%から25%しかないという事になります。
具体的な数字としては
100人に同じアドバイスをした時に、ちゃんと実践するのはそのうち20名から25名。
残りの75名から80名は実践をしないという事になります。
なんとも恐ろしい数字ですね、、、。
-----------------------------------------------------
上記のような傾向が出ているようです。

では、継続できる人はどんな傾向を持っているのでしょうか?
傾向を3つまとめてみます。

■傾向①夢や目標がある

継続できる人の傾向で「夢や目標がある」という人が多い傾向にあります。
またこのような人たちは一回で成功しないことを理解していますから
目標達成に必要な
・コト
・モノ
等を整理して、達成に必要なことをコツコツと実施していくのです。

漠然とお金持ちになりたい!と思っていても明日からすぐにお金持ちになることが出来ません。

1年後に100万円の収入アップをしたいという目標を作った場合
1年後に達成できる方法を考えて、1つ1つ実践していくのです。

多くの人は、成功者の成功した姿を思い浮かべ憧れますが
その背景には泥水をすする経験があって、という事を忘れてはいけません。

■傾向②細分化する

前項で記した「1年後に100万円の収入をアップする」という目標を作った場合
次に行うのは「目標の細分化」です。
例えば、100万を月平均で計算すると約8.3万円になります。

100万と聞くと壁がでかいように思えますが、
付き8.3万円の積み上げと考えると、ハードルが下がったように見えます。

このように継続できる人は、「大目標を細分化し取り組むことを決める」傾向にあり、漠然と行動することはありません。

ですから、具体的な目標(数値の方がわかりやすい)を立てた後は
それを細分化して取り組む物事を決めることをお勧めします。

■傾向③自分を認める事

いざ目標を決めて継続する!となってもなかなか継続できません。
多くの人は3日で挫折をしたり、途中でやめてしまう事が多いです。

それは「目に見える結果が出ないと苦しくなり、逃げ出したくなる」
人間の心理が働きます。

ここで1つお伝えしたいのは、
継続できなかったとしても自分を責めない事。

責めてしまうと自分に負のバイアスがかかってしまい、
次回以降の再開までに時間を要する事が多くなります。
負の感情からなかなか抜け出せなくなります。

なので、まずは自分をほめてあげる事が重要です。

例えば、これまで3日続いたことがなかったが、
何か3日連続で続けることが出来た。
そうしたら自分をたくさん褒めて、認めてあげるようにしましょう。

初めから超人にはなれません。

■見るだけだと簡単

継続できる・している人の傾向を3つまとめてみました。
整理をすると
①夢や目標がある事
②目標を細分化しハードルを下げる事
③すぐにできなくてもよい。自分を認める事。
に、なります。

見るだけだと簡単そうですよね。
でも実際は冒頭で書いた通り

継続できる人は本当に一握りです。

ただし、コツコツ継続した結果、今すぐに結果はでなくても
1年後、2年後には大きなリターンとして自分自身に帰ってくることは
間違いありません。

実際にTwitterをのぞいてみると、
1年前はブログで全く稼げなかったが、
1年後には月収100万を超えることが出来た。

などの投稿を多くみけます。

その境地に行くのは、自分次第。
自分の行先は自分で決める。これに限ります。

まずはぜひ3点を意識して行動してみて下さい。


継続できる人の傾向を3つまとめ(再掲)
①夢や目標がある事
②目標を細分化しハードルを下げる事
③すぐにできなくてもよい。自分を認める事。

-Journal
-, ,

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.