WORK

【圧倒的な成果を出す】何事もコツコツ継続をして続ける事

ビジネスをしている人であれば、やはり一度は「圧倒的な成果」「圧倒的な給与・報酬」にあこがれると思います。

私も同じで、特に新卒から3年目くらいに関しては、

最短で圧倒的な成果を出すためだけの行動を繰り返していました。

しかし正直な話、新卒1年目に関しては新卒内で営業成績はビリでしたし、
2年目は一気に数字が上がりましたが、3年目は鈍化し、伸び悩みも経験
しました。

そしてあれから8年、現在は個人事業主の形で新卒時代と同じ仕事をしていますが、
圧倒的にはるかに成果を出すことが出来ている状態になってきました。

もちろん年数もあると思いますが、年数ではない部分もいくつかありましたので
そちらをシェアしていきたいと思います。

■結論:最短距離はなかなか無いので、コツコツと努力をする事が大事

今すぐに成功したい!成果を出したいと思っているのであれば、一旦その思考回路をなくしてみるとよいと思いますが、大体一発成功はほぼないです。
また成功したとしても「まぐれだと思ったほうがよいです。」

なぜならば人間は満足し、慢心してしまうと継続を忘れて天狗になり、
一時の成功体験にしがみついてしまう弱い生き物だからです。

大体、本当に成功し成果を出している人を見ると鬼の様な継続を実施し
一時ではなく「継続した成果」を出していますね。

私も新卒から3年目までは
天狗になり
慢心し
上司に反抗し
何もしない
という事がありましたが、数字は伸びなかったです。

■今は継続する事の大切さを理解した。

毎日自身に課しているルールは以下です。
・昨日とまったく同じことはしない。
・毎朝筋トレ1セット+寝る前筋トレ1セット(継続化したらセット数を増やす)
・朝8時台から稼働を始める。
・寝る前にTODOの整理
・楽しい予定を考える/好きなことはとことんやる

そして仕事上としては
・成果を出しても決しておごらない。謙虚でいる事。
・自分を正当化しない。
・一時の成功事例だけに頼らない。
・常に新しい手を考え実行する。

を、実施しています。

昔までは、自分を大きく見せたいのもあり、過剰なまでの振る舞いをしていましたが、それはまったく虚像の自分であり、ありのままの自分ではないこと。
そして、偽ることに疲れると、パフォーマンスも落ちるため継続的な行動が出来にくくなります。

これでは本末転倒です。

よって、一時に成功事例や体験だけにフォーカスをあてて、大きく見せるのではなく、

何事も謙虚に、継続する事によって始めて大きなリターンが返ってくると理解し、今では毎日コツコツつみあげをしています。

■謙虚にコツコツしてて良かったことは

直近の成果としては
・上場企業(そこそこ大きい案件)からのご指名があったこと。
・業界最大手の案件に携われ、報酬は100万円ほど。
・前より文章を書くことへの抵抗が無くなった事。

自身ではないですが、良かったことは
・ずっと携わってきたお客様の中の人が成長し、自分で案件を回せるようになってきたこと。
・何よりコツコツ継続して取り組み、成果を出しているお客様がいる事。
です。

努力は裏切らないと思います。

よって圧倒的な成果を出したいのであれば、おごらず、コツコツと取り組むことをオススメします。

そしてより人生を豊かなものにしていきたいですね。

-WORK
-, , , , ,

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.