Career

転職でスキルアップする方法とは

人生の中で何度「転職」を検討するタイミングが訪れると思います。

どうせ転職するのであれば、今いる会社よりも良くしていきたい。と思っている人も多いハズ。

今回の記事では「転職でスキルアップできる人の特徴とは」という内容でまとめていきます。

転職をしよりスキルアップしていき自らを高めていく方法を明記しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

転職でスキルアップする方法とは?

転職でスキルアップをする為には、以下の内容が重要になると考えています。

  • 転職する理由が明確である事
  • 転職後の目標設定が明確である事
  • メンタルに強く前向きに物事をとらえ行動できる事

1つずつ深堀をしていきたいと思います。

1.転職する理由が明確である事

大前提として、転職する理由が明確であることが重要です。

これは、2でまとめていく、「転職後の目標設定」に繋がっていきますが

転職をする理由が明確でない場合、「何を目標に仕事をしていくのか」が不透明になってしまいます。

転職する理由が明確でない場合は、以前「あなたがもし転職するべきか迷ったら」というテーマで

転職をする際、思考を整理する為の方法も記載していますのでお時間のある時に読んでみてください。

まずは転職をする理由を明確にしていきましょう!

なんとなく、転職をしようかなではなく「こういう理由があるから転職をする」という

意思の整理を行う事が重要です。

例えば、現在の会社に対して”給料の不満”があり転職を希望するのであれば

転職の理由は「給与」になります。

そして、2にも続きますが、不満は現状を表しますので、その不満を解消するには

目標となる「給与の金額」を決定する必要が出てきます。

例えば、現在の会社の給与が300万で、今後は400万にしたい、というような明確な数字です。

そして、この300万から400万にしたい、というのが今後の転職先で目標とする指標の1つになっていきます。

よってまずは、転職をする前に転職をするその理由を明確にしていきましょう。

2.転職後の目標設定が明確である事

転職後の目標設定がしっかりしていると、あとはその目標を達成させる為に

自分が今何が足りていないのかを、しっかり考えていきましょう。

足りていないものを改善していく事で、自分自身のスキルアップにつなげる事が可能です。

例えば「現在の会社の給与が300万で、今後は400万にしたい 」という目標があった場合

差分の100万を埋めていく為に行動をしていく必要が出てきます。

職種が営業であれば、単純に新しい環境を活用して営業成績を上げる努力をしていきます。

経理であれば、ミスを減らし業務改善や業務改善化の支援を実施するなどの活躍を評価してもらい

給与を上げる、等の方法があります。

その”頑張り”がスキルアップに繋がるきっかけになっていくという事です。

逆に目標が無い場合はどうでしょうか?

せっかく転職したのに、前と同じことでまた悩んでしまったり

すぐに仕事を辞めたいと思ったり、ネガティブな要素が増えていくと思います。

逆に転職癖がついてしまい、短いスパンで複数の会社を転職してしまうと

面接官や入社した企業から「本当に大丈夫か?」というネガティブな視線で見られてしまう事もあります。

この様な状況になってしまうと後も大変なので

1.転職する理由を明確にする
2.転職後の目標設定を明確にする

という事をぜひ、覚えておいてください。

3.メンタルに強く前向きに物事をとらえ行動できる事

転職でスキルアップをする方法に、

メンタルに強く前向きに物事をとらえ行動できる事

という点をあげました。

仕事をするとどうしても「失敗」してしまう事もあると思います。

そこで重要なのはその失敗を”活かす”のか”殺す”のかです。

失敗を殺してしまうケース

例えば、営業をしているとしてお客様からクレームが入ったとします。

そのクレームを受けて

  • 自分はなんてダメなやつなんだ
  • 営業って向いていないのかな?
  • そもそもクレームが間違っている!
  • 自分は悪くない!

など、現状を受け入れられなかったり、変にマイナスに考えすぎてしまうと

失敗のジレンマに囚われてしまい、うまくポジティブに転換できません。

また素直に物事を受け止められない場合は要注意。

他人の意見を聞けない状態はすごく危険で、周りが見えなくなっています。

理不尽なクレームはスルーでOKなのですが、クレームは実は

スキルアップをする為のきっかけを与えてくれるきっかけになるケースも多い為

もしクレームを受けた場合でも一度状況を飲み込み受け止め、

なぜ相手がそのような事を言ったのか?を冷静に考える事が重要です。

失敗を活かすケース

失敗をうまく活かせる人は同時にスキルアップにもつながる傾向にあります。

先ほど営業でクレームを受けた場合の例を出しましたが

その内容が、自身の応対の問題だったとします。

応対の問題を指摘されたので、一度今回受けたクレームに繋がった応対について

一度冷静に振り返り

  • 何がいけなかったのか
  • 相手は何を求めていたのか
  • どの様にすればクレームにならなかったのか
  • 次の対策はどの様にするのか

等の、事象の整理を行い次に活かそうとすると良い方向に転換するケースが多いと考えています。

相槌が不愉快と言わた場合は、相槌についてやコミュニケーションの本を読む事で

今回の事象に対しての解決策が分かりますので、これを次回に活かせれば問題ありません。

マイナスな評価を受けた場合でも一旦受け止め、消化し分析し、次の対策を練る事で

自らをどんどんスキルアップする事が可能です。

まとめ:転職でスキルアップする方法とは

今回は「転職でスキルアップする方法とは」という内容で書いていきました。

一度要点をまとめていきます。

1.転職する理由が明確である事

まずは転職をする理由を明確にしてきましょう。

何故転職するのか、転職をして何をしたいと思っているのか、転職を決意させてた現状の不満などです。

2.転職後の目標設定が明確である事

転職後その会社で何をしたいのか、自分がどの様になりたいのか、目標を具体的に設定していきましょう。

3.メンタルに強く前向きに物事をとらえ行動できる事

ミスやクレームは仕事をしていれば起こりうる現象。

多少はへこんでも良し。だが、その事象から逃げず向き合い、自身の糧になるような取り組みを行う事

どうせ転職をするのであれば人生一度キリ、自己実現をして充実した人生を送りたいものです。

あなたの転職活動がうまくいきますように。

-Career

Copyright© Career Growth , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.